エアープラズマ切断機専門店

☆プラズマ切断の開始位置について

2015年5月13日

こんにちは。

前回の記事では基本的な切断の仕方を説明しましたが、今回は鉄板のくり抜きについて説明したいと思います。

右図は鉄板をこれから青点線の位置でプラズマ切断し、くり抜こうとしている例です。


鉄板を真っ二つにする場合など、切断開始位置を板端に持ってこれる場合は問題ありませんが、このように一発目から板を貫通させる必要がある場合、切断開始位置を赤点線の位置にしたら


スイッチを押してスパークが板を貫通(矢印の位置)するまでの数秒間、先端チップはスパーク跳ね返りの直撃を受ける事になります。
これではチップはすぐに損耗してしまいます。


仮に必要なのはくり抜いた中の円部分で外側はゴミとなる場合、このように切断開始位置を板端に持って行き、青点線のようにトーチを進める事で、チップへのダメージも無く中の円部分はキレイに切断する事が出来ます。


逆に外側の板が必要な場合は、手間ですが予め2-3mmのドリルで板に穴を空けておきます。
これによって、最初からプラズマで貫通させる必要はなくなり、チップのダメージは大幅に軽減されるのです。



何を切るにしてもそうですが、プラズマ切断機でいきなり母材を貫通させるような使い方は、消耗品への負担が極めて大きく不経済であると言えます。
切断開始位置は出来るだけ端からと念頭に置いて作業することで、より効率よくプラズマ切断機を使う事ができます。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006


Posted by 鉄板やステンレスの切断に最適なエアープラズマ切断機 at 14:53 / 金属 切断 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool
(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ